佐藤さとる(絵本作家)の経歴は?教科書に載った作品をチェック!

この記事は2分で読めます

こんにちは。

 

今月の9日に佐藤さとるさん

心不全のため亡くなりました。

88歳という年齢でお亡くなりになったようです。

 

佐藤さとるさんは絵本作家として

数々の絵本を書いてきたようです。

 

そんな佐藤さんの経歴や

代表的な作品を調べていきたいと思います。

スポンサードリンク

 

佐藤さとるさんの経歴について!

 

 

佐藤さんの経歴を調べてみました。

名前:佐藤さとる

職業:童話作家

生年月日:1982年2月13日

出身:神奈川県横須賀市

学歴:関東学院大学工学部建築学科卒業

父:海軍軍人

母:小学校教員

実業之日本社で編集者生活を送り

その後、作家となったようです。

10歳の時に横浜に転居し、それ以来

横浜に居住していたようです。

 

 

代表作品としては

コロボックル物語が有名のようです。

アニメ化もされているようです。

コロボックル物語は全6冊で構成されています。

 

①だれも知らない小さな国

 

②豆つぶほどの小さないぬ

 

③星からおちた小さな人

 

④ふしぎな目をした男の子

 

⑤小さな国のつづきの話

 

⑥コロボックルのむかしむかし

 

あらすじとしては、

もちの木を探していた主人公「ぼく」は

あまり人が近づかない小山にはいっていき

もちの木が生える三角平地を発見した。

 

お気に入りとして通うようになった「ぼく」に

おばあさんが、この子山には「こぼしさま」

というこびとが住んでいると聞く。

 

次の年、小山に遊びに来た女の子が

うっかり川に靴を落としてしまった。

その靴を拾い上げると

その靴の中には…

 

 

なお、この作品は

作家の有川浩さんが

コロボックル物語の続編として

書き継いでいらっしゃいます。

有川浩さんといえば

『図書館戦争』や『フリーター、家を買う。』

などの大ヒット作品を生み出している方です。

 

コロボックルが好きな方にとって

まさか続くなんて

すごくうれしいニュースですよね。

スポンサードリンク


 

教科書に掲載された作品は?

 

佐藤さとる作品で

教科書に掲載されたものはあるかな?

と思い調べたところ

 

昭和52年~54年に光村図書から出版された

国語の教科書に「竜宮の水がめ」

というお話しが掲載されていたようです。

 

また、

「きつね三吉」という作品も

2012年2月時点では

東京書籍から出版されていた

小学4年生用の国語の

教科書に掲載されていたようです。

きつね三吉 (日本の童話名作選)

 

まとめ

 

佐藤さとるさんの作品は

教科書にも掲載されていまいたね。

 

日本を代表する名作家といっても

いいでしょう。

 

今回、お亡くなりになってしまい

とても残念ではありますが

 

有川浩さんが佐藤さんの

作品を続編として書くなど

日本の文学に大きな影響を残してくれた一人です。

 

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール




こんにちは!
いつも当ブログをご覧いただき、
ありがとうございます!
管理人のこたろーです。
このブログでは日々起こった事件やテレビに出る芸能人をはじめ、
今後間違いなく注目される新人さんや、話題のスポットやグルメ、
生活のハウツーなど僕が気になる「なんだろう?」を気ままに綴ったブログです。
皆さんの「へぇ~!」につながる情報を素早く楽しくお伝えできるように日々更新しています♪
コメントなどもお待ちしていますのでお気軽にどうぞ♪

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。