ウミノミの特徴とは?日本での生息地は?症状や対策・対処方法も!

この記事は4分で読めます

こんにちは!

こたろーです。

 

今回は、海外で海に入った男性の足が

非常に痛々しい状況になり

「なんだこれは!?」とネットで話題になっています。

なんでも、今まであまり例がないんだとか…

 

結論からいうと

その犯人は、ウミノミという

海に住む生物の仕業だったようです。

 

今回はそのウミノミについて

ウミノミとは?特徴は?

日本にもいる?生息地域は?

どんな症状になる?

対策や対処方法について!

ということを調べていきます!

スポンサーリンク


ウミノミとは?どんな特徴?

 

ウミノミという生物、みなさんは聞いたことありますか?

今回のニュースで初めて聞いたという方も

多いと思います。

 

ということで、まず、

ウミノミって何ぞや?

というところから見ていきましょう!

 

ウミノミとは、甲殻類に分類されるようです。

甲殻類というと、カニやエビなどを想像しますが…

その甲殻類のなかでさらに細分化された

端脚類というものに当てはまるそうです。

 

なので特徴としては、ほんっとにちいさい

エビみたいなイメージですね。

形はノミみたいだけど。(笑)

(名前の由来もそこから来ているようです。)

 

体長は2㎜ほどと、

とても小さく普通に海に入っても

よーく探さないと本当にわからないレベルですね。

 

見た目はこんな感じです。

ウミノミ

(見たい方だけ見てください。)

 

一見どう猛な感じはなさそうですよね。

 

しかし、こちらの動画をご覧ください。

※超閲覧注意

ウミノミがお肉を食べている(吸血?)動画です。

 

 

やばいですよねww

これが何百匹と足にまとわりついてきたそうです。

書いてる僕も鳥肌立ちっぱなしw

 

そして時に人に対しても

吸血をしてくることがあり、今回

オーストラリア南東部

メルボルンに住む16歳の少年は

この被害にあってしまったというわけです。

 

日本での生息地域は?

日本にいる僕らとしては、

これが日本の海にもいるのか?

ということですよね。

 

調べてみると、残念ながら

普通に日本にも生息しているようです…

 

しかし、今回のように大量の

ウミノミが噛んでくるということは

極めて異例で珍しいケースだということです。

 

たしかに、今回の件が起きるまで

ウミノミなんて知らなかったですし…

 

とはいえ、日本の海のどこかにはいるので

100%被害にあうことはないと

言い切れないですね…

 

ただ、今回被害にあった16歳の少年は

長時間冷たい水の海に、じっと動かずにいたそうで

噛まれた瞬間は気づかなかったそうです。

 

そこまで冷たい海にはいらなければ

仮に一か所噛まれた時点で気づくはずですし

ここまで大事になることはないでしょう。

 

スポンサードリンク


刺されたらどんな症状が?

 

刺されるとどんな症状が起きてしまうのでしょうか?

今回被害にあった16歳少年の

足を見てみましょう。

こちらから見られます。

※閲覧注意です。

 

またしても鳥肌…

ぞっとしますよね…

 

これは先ほどのもいった通り

まったく気づかなかった結果なので

稀な状況ですが…

 

16歳の少年の報道でわかる症状としては

・出血が止まらない

・海から出た瞬間は噛まれたことに気づかないぐらいの痛み

・しばらくたった後に、痛みが出始める

ということでした。

 

血が止まらない理由について調べてみると

このウミノミは噛みつくと同時に

抗凝血物質を出すことが分かりました。

 

凝血物質とは血が固まる性質のことですが

その能力を止めてしまう物質を

体内から出すようです。

だから血液が固まりにくく

出血が目立ってしまったようですね。

 

そして、噛まれた瞬間の痛みより

あとから痛みが発生するみたいです。

 

 

 

また、このウミノミはなどは

もっていないそうですので

その点は安心です。

 

もし噛まれても一か所ぐらいであれば

救急で病院などに駆け込むほどではなく

自然と治っていくようです。

 

いわゆる、蚊に刺されみたいな感じです。(笑)

いつまでも治らない場合は

病院に行くことも検討してみて

いいかもしれません。

 

 

噛まれたときの対策・対処方法について!

 

痛いのは誰でも嫌ですよね…

なので、まずはどうしたら噛まれずに済むか。

そこから見ていきましょう!

 

噛まれないようにする対策としては

・海の中に長時間、そして同じ体制で動かないのはNG

ということに尽きると思います。

 

実際今回の被害者は

ずーっと同じ体制でいたことが

傷を深く負った原因と言われています。

 

実際に噛まれてしまった場合は

まずは清潔にすること。

基本的に自然治癒で時間とともに

治っていくようですが

もし気になる場合は

病院に行ってみましょう!

 

しかし基本スタンスとしては

蚊に刺されると同じ感じの対応で

問題なさそうです。

 

 

また、これを恐れて海に入らないというのは

考えすぎだという意見もありました。

 

それでもどうしても嫌であれば

海に入ることをやめるしかないですが…

 

海の中では体を動かしていれば

おおむね問題ないという見解が多いので

あんまり気にしないほうがいいでしょうね。

 

まさに今、海水浴シーズンで

衝撃的なニュースでしたが

あまり考えすぎず、楽しむことをお勧めします!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 龍二
    • 2017年 8月8日

    こんにちは(^ ^)
    記事を興味深く読ませていただきました

    海の近くに住んでいるものです
    暖かい日に波打ち際を歩いていると無数の小さなエビのような生き物がノミのように飛び跳ねているのをよく見ることがあります。基本的に打ち上げられた魚の死骸に集まっているのですが、たまに足を噛んできてチクッとします。なんだこいつらと思いながらいつも踏み潰して歩いておりました。

    子供の頃からよく見ていたので気にしていませんでしたが今回の事故でそれがウミノミだと初めて知りました(^_^;)

    たぶん海に何度も行ったことがある人なら一度は見たことがあると思います。彼らがいないと海は生ゴミだらけになってしまいますしそこまで怖がることもないと騒いでる人達に言いたいです笑

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール




こんにちは!
いつも当ブログをご覧いただき、
ありがとうございます!
管理人のこたろーです。
このブログでは日々起こった事件やテレビに出る芸能人をはじめ、
今後間違いなく注目される新人さんや、話題のスポットやグルメ、
生活のハウツーなど僕が気になる「なんだろう?」を気ままに綴ったブログです。
皆さんの「へぇ~!」につながる情報を素早く楽しくお伝えできるように日々更新しています♪
コメントなどもお待ちしていますのでお気軽にどうぞ♪

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。