善光寺の落書きの場所はどこ?犯人の顔画像は?被害総額はいくら?

この記事は3分で読めます

こんにちは!

こたろーです。

 

長野県の観光名所はたくさんありますが

その一つで歴史的にも非常に価値の高い善光寺。

古き良きを伝統として守ってきた周囲には

カフェなどもたくさんでき、観光名所として

非常に人気の高い場所です。

日本人の誇りともいえる建物ですね。

 

そんな善光寺が何者かのいたずらによって

数十か所にわたり、落書きをされたという報道がありました。

 

この件について

落書きされた場所はどこ?

犯人の名前や顔画像は?

被害総額はいくらになる?

ということを調べていきます。

スポンサーリンク


落書き被害にあった場所はどこ?

まずはこちらの報道をご覧ください。

長野中央署によると、本堂の柱など計20カ所以上に白色のマーカーペンのようなもので「×」印が書かれていた。印は大きいもので線の長さが12センチだった。8日夕に善光寺の事務局から同署に「落書きがある」と通報があった。

 善光寺では2008年4月にも本堂で落書きされる被害があった。

(引用:https://mainichi.jp/articles/20171009/k00/00m/040/070000c)

 

長野市の善光寺で国宝の本堂などに落書きが見つかった事件で、被害は周辺の宿坊なども含め100か所以上に及ぶ可能性があることがわかりました。
落書きが見つかったのは国宝の本堂や修理が終わったばかりの経蔵などで、白いペンのようなもので「×」印が書かれていました。
落書きは善光寺の周辺の宿坊や神社など広い範囲で確認され、被害は100か所以上に及ぶ可能性があることがわかりました。
宿坊の女性は「油性のペンで書かれたと思う。
耐えられなかったのですぐに消した」と話していました。
また本堂を訪れた女性は「毎朝来ているのでショックを受けた」などと話していました。

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00314735-sbcv-l20)

 

 

相当ひどいニュースですね…

国の重要文化財を傷つけることで

何のメリットがあるのでしょうか?

 

犯人の思考には、理解に苦しみます。

 

 

2つ目の報道によると

被害場所は計100か所にも及ぶようですね。

 

(出典:http://www.yomiuri.co.jp/national/20171008-OYT1T50098.html?from=tw)

 

 

 

 

 

こちらが善光寺の境内マップです。

 

(出典:https://www.zenkoji.jp/hondou/)

現在のニュースから分かる情報としては

善光寺の三門の柱

本堂内

経蔵

(※青丸の建物です。)

で被害が確認されいているようです。

 

そして、宿坊にも被害が広がっているようで

上記の地図の青い□で囲った場所を拡大した地図がこちらです。

 

(出典:https://www.zenkoji.jp/shukubo_list)

ここに宿坊が密集して建てられているのですが

この建物にも被害が及んでいるようですね。

 

 

具体的に100か所の場所を特定するのは難しいですね…

 

 

犯人の名前は顔画像は?

 

 

善光寺にいるお坊さんも

周辺に住む方もショックが大きいと思います…

 

この犯人については

今のところ逮捕にも至っておらず

顔画像や名前も不明なままです…

 

 

落書きの「×」がカタカナの「メ」に

見えることから

日本人の犯行、もしくは日本に住み続けていて

日本語に精通している外国人の人の可能性が高い

と一部では言われています。

 

 

日本に観光に来ている外国の方が

こんなことをしに日本に来るとは考えにくいので

当然といえば当然ですが…

 

(出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00000003-asahi-soci)

 

上記に貼った落書きと違う場所のものですが

こちらも確かに「メ」に見えますね。

日本語に慣れ親しんでいるとなると

「×」が「メ」に寄ってしまうのも

十分理解できます。

 

 

2008年にも善光寺で同様の

落書き事件が起きているのですが

その際の犯人は日本人だったようです。

 

 

犯人についてはわかり次第

追記します。

スポンサードリンク


被害総額はいくら?

 

こういった落書き事件の被害総額は

どれくらいになってしまうのでしょうか?

 

今回の善光寺に関しては不運なことにも

修理がやっと終わったところだったようです。

 

日本の貴重な建物を伝統とともに守り抜くために

修理も慎重なものになるはずです。

そういった方の苦労などをもっと考えるべきですね…

 

建物の仕様などが全く異なるので

あまり参考にならないかもしれませんが

2015年に千葉で住宅の落書き被害が相次ぎました。

計80か所と非常に大規模な被害を被ったのですが

その時の被害総額は約1,200万円にものぼったそうです。

 

ここから考えると今回の被害場所は

重要文化財なので、直すのにも慎重な作業を強いられるでしょう。

さすがにこのために柱を丸々取り換えるということは

しないと思いますが

そこまでの大修繕となるとウン千万円という

被害総額になることが予想できます。

 

 

2008年にも起きているので今回で

落書き被害は2回目ということになります。

 

現在、境内は24時間出入りができるようなので

残念ですが、これを禁止するか

もしくは防犯カメラの設置場所を増やすなどして

対策を行っていく必要がありそうですね。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール




こんにちは!
いつも当ブログをご覧いただき、
ありがとうございます!
管理人のこたろーです。
このブログでは日々起こった事件やテレビに出る芸能人をはじめ、
今後間違いなく注目される新人さんや、話題のスポットやグルメ、
生活のハウツーなど僕が気になる「なんだろう?」を気ままに綴ったブログです。
皆さんの「へぇ~!」につながる情報を素早く楽しくお伝えできるように日々更新しています♪
コメントなどもお待ちしていますのでお気軽にどうぞ♪

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。