GACKT参画の仮想通貨(SPINDLE)は詐欺?購入方法や今後の将来性は?

この記事は6分で読めます

こんにちは!

 

今回は、今話題の仮想通貨に

またもや新たな通貨が誕生しようとしています。

 

その名も「SPINDLE」

 

この仮想通貨のプロジェクトに

歌手のGACKTさんが

”大城ガクト”という本名まで公表し、

参画することを発表しています。

 

ここ1、2年で本当に仮想通貨市場が

目まぐるしく動いており

付いていけねえ…という人も

私を含め、多いでしょう…(笑)

 

仮想通貨もほんっっとうに

色んな通貨があって

中には詐欺まがいの案件も当然ながらあります。

 

今回のSPINDLEについては

「GACKTが付いてるから安心♪」

という考えで知識もなしに

ポンっと買うのは少し危険です。

 

SPINDLEという通貨について

怪しいという声が?詐欺ではない?

購入方法は?

今後の将来性は大丈夫?

ということを調べていきたいと思います。

スポンサーリンク


どんな仮想通貨?

SPINDLEは未だ上場されていない、ICO案件の仮想通貨です。

ICOとは株でいう新規株式公開みたいなもので

資金調達の方法として注目されている方法です。

クラウドファンディングにも似ていますね!

 

そんなSPINDLEのサイトを見てみると…

 

デザインは作りこんだ感じでかっこいいですが

スマホで見ようとすると、いかんせん重い!(笑)

PCでも若干の時間を要します。

まずはここから改善してほしいな…(笑)

 

サイト内を見ていくと

SPINDLEという仮想通貨は

以下のように説明されています。

 

 

ブロックチェーンとスマートコントラクト技術を用いた改竄不可能な透明性の高い情報をもった今までにない投資・運用のプラットフォーム

SPINDLE は 暗号通貨SPINDLE内に運用者の運用計画書・運用履歴・運用成績などをブロックチェーン技術を用いて記録しており、個々人が投資に際して嘘偽り・虚飾の不可能な情報によって投資対象を判断する事が可能です。

また個人が暗号通貨SPINDLEを用いて直接 投資を行うため、その投資に第三者の意思や意向が介在する事は不可能です。

そのようにして行われた投資は即座にスマートコントラクトの技術によって、ブロックチェーンに記録されるため、従来のように銀行や証券会社が介在せず、投資者と運用者の対等な関係を生み出します。

この投資者と運用者の公平な関係性こそが、従来の投資・運用の際の茫漠とした不安を取り除く、最大の解決策であり、その公平な関係を支える情報の透明性・信頼性も多くの人が主体的に投資・運用に取り組む切っ掛けとなるとSPINDLEは考えます。

(引用:https://spindle.zone/jp/)

 

仮想通貨に詳しい方はわかるかもしれませんが

これは特にSPINDLEの通貨の説明というより

仮想通貨自体の説明といった感じですね…w

 

なので、現時点ではSPINDLEという通貨の

詳細は詳しく記載されていません。

 

ホワイトペーパーの情報も

SPINDLEのサイトに登録すれば

いち早く見れるようです!

 

 

このSPINDLEを運営する会社

BLACKSTAR&COの平井政光さんは

ブリオンジャパンという

金を取り扱う会社を経営してきたようです。

 

有形から、なぜ無形の暗号通貨に?

と少し疑問を抱きましたが、その答えに近い回答をいくつかしています。

 

「革新」のスタートが、まずは2年前にスタートさせた、日本におけるオンラインでの金取引だ。

そもそも金といえば、「有事の金」といわれるほどの、安全資産の代名詞的存在だ。が、投資対象としてはとっつきにくい存在でもあった。

それを変えたのが、BLACK STAR & CO.傘下のブリオンジャパンだった。

ブリオンジャパンは、金取引にインターネットをもちこんだ。英国のインターネット金取引サーヴィス企業と連携し実現した取引のスピード感は、資産運用、なかでもとりわけ閉鎖的であった金投資分野においては極めて先駆的なものだった。

そして、その先に彼らが目指すのは、ブロックチェーンを連携させることで可能になる、より開かれた取引だ。

(引用:https://wired.jp/2017/12/27/blackstar-and-co/)

 

現状日本の個人金融資産の5割以上は預貯金が占めています。理由はどこにあるのか──。端的に言って、「投資環境がまだまだ整備されていない」のです。いわゆる富裕層と一般の方たちの間に存在する情報格差です。

 

例えば仮想通貨もその一つで、それを支えるブロックチェーンは革命的なものといえます。ただ投資対象としての仮想通貨はまだ価格の変動も大きいため、これを実物資産の金と結び付けて一般の方たちにも取り組みやすいものとしていきたい。そう考えています。

(引用:http://president.jp/articles/-/23671)

ちょっと抜き出しで分かりにくいかもしれませんが

 

日本の一般の人々にも「投資」に興味をもってもらうために

安心安全に投資できる環境を整えたい。

という思いが大きいのでしょうね。

 

だからSPINDLEの概要部分にも

仮想通貨を知らない人にもとっかかりやすい

仮想通貨の安全性などの記載が

多くなっているのかもしれません。

 

 

そして、もうひとつの特徴としては

GACKTさんを広告塔に立てていることです。

 

GACKTさん本人は単なる広告塔ではなく

事業者として参画していると話しています。

 

いや、でもどうしても私たちからすると

広告塔という立ち位置にどうしても見えてしまいますよねw

 

GACKT改め大城ガクトさんがこの事業に参画した理由、

それはGACKTさんのブログに綴られていました。

 

➖ではなぜ、
ボクGACKTが仮想通貨を事業として着手したのか?➖
2020年以降に訪れる経済の落ち込みは
多くの人が予想しているが、
今の日本にはそれを跳ね返すだけの産業が
もう何もない。
世界からドンドン乖離していく今の日本人の経済格差を縮めるには
この仮想通貨というものを大いに活用して、
自分自身で生活レベルを上げるしかもう手段は残されていない。
つまり、
唯一の手段として多くの人に
仮想通貨における投資の優位性に気づいてもらうために
広告塔としてではなく一事業者として本気で関わり
伝えていく必要があると思ったからだ。
(引用:https://ameblo.jp/gackt/entry-12339477430.html)

 

さすが一流アーティスト。

音楽の才能は当然ですが、

こうしたビジネスマインドというのでしょうか

そのあたりもしっかりとされている。

 

➖個人が自分の身をしっかり守れるだけの
【リテラシー】を身につけること➖
リテラシーとは、
その分野における知識やそれを活用する能力のこと。
そして、
多くの人がリテラシーを身につけるためには
その環境の提供がなによりも必要であるということだ。
だが残念なことに、
日本においては金融商品の対象が
一定以上の資産を持っている人だけに偏っている現実。
つまり、
一般の人には適正な投資環境が用意されていないわけだ。
リテラシーを高めるには、
自分のお金で少額からでも
金融商品を購入・投資をして
自ら経験を高めるしかない。
仮想通貨は、
今までの小難しい金融商品よりも一般の人が入りやすいものだ。
今は投機的な一面がかなり大きいものの、
いずれ訪れる未来でもあり、
馬車がクルマに変わったことを
振り返り想像すれば、
未来の通貨を手に取ることに
それほど違和感はないはずだ。
貨幣が民主化される新しい時代において
通貨の信用を作るのは一般の人、一人一人の参加のみ。
世の中の一人一人の参加が通貨の信用を築き上げる。
そして、
それが投資にもなる。
(引用:https://ameblo.jp/gackt/entry-12339477430.html)

 

結構説得力のあるものを書いているなあと感心しました。

(投資初心者の私が何様って感じですがw)

GACKTさんのブログはこちら

 

詐欺といわれている?

中には、詐欺だ!という声も

ちらほらと湧いているようですね…

 

そりゃそうですよね、誰でも実体のないものや

実績にないもの、未知のものを信じたくはないですから。

 

ただ、まだ情報が少なすぎるので

詐欺だと決めつけることもできません。

 

なので、現時点で詐欺案件だと決めつけるのは

時期尚早ですし、詐欺の可能性はほぼゼロだと

考えていていいと思います。

 

GACKTさんが本名を明かして

しっかりと事業としてやり遂げたいと

言っているぐらいですから

詐欺をはたらこうなんて考えにも

至らないのではないでしょうか?

 

これについても様子見が必要ですね!

スポンサードリンク


 

購入方法は?

 

いつからSPINDLEは買えるのでしょうか?

これについては、いまのところ未定となっております。

 

というのも先ほど話した

ICOという資金調達のための販売がありますが

その時期がまだ未定となっています。

いわゆるプレセールってやつです。

 

プレセールで買うと、

一般でみんなが買う前に安い額で購入できます。

そしてそれが市場に出回ると、

何千倍という価値に膨れ上がるということも

珍しくありません。(笑)

 

これはプレセールの話ではありませんが

ビットコインでいうと

2017年1月に1BTC=約10万円

現在2017年12月には1BTC=約150万円

上がっていますよね。

 

そのほかの仮想通貨でいうと

イーサリアムなんかは

プレセール時で1ETH=20円とかだったのが

今や1ETH=86,000円ですからねw

 

約、よ、4000倍!?w

 

夢がありますねw

 

 

現時点でのSPINDLEの取扱い時期は未定ですが

そもそもビットコインに興味あるけど

まだ持っていない!という方は

まずはぜひ、口座開設からしてみてください!

 

こちらはコインチェックという

国内の仮想通貨取引所で

最近は出川哲朗さんがCMに出ていて

話題になっていますね!
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨の取扱数も多く、口座開設はもちろん無料です!

初心者にも使い勝手がいいのでオススメですよ♪

公式サイトはこちら!↓↓

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

今後の将来性は大丈夫?

 

さて、SPINDLEの今後の将来性についてですが

上記でも述べた通り、情報がなさ過ぎて正直なところ

何とも言えません…

 

しかし、最初はあちこちから詐欺だ!

と言われ続けていた仮想通貨が

今何百倍という価値をつけているという成功例も

いくつも存在します。

 

なので、SPINDLEという仮想通貨にも

少なからずそうなる可能性は

否定できませんね!

 

ただ、こればっかりは保証はできませんし

投資自体は自己責任で、自分の決めた額の範囲内で

やるということがとっても重要です。

(これはGACKTさんのブログでも口を酸っぱくして言っていましたw)

 

SPINDLEという仮想通貨がどうなっていくのか…

今後も目が離せませんね!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール




こんにちは!
いつも当ブログをご覧いただき、
ありがとうございます!
管理人のこたろーです。
このブログでは日々起こった事件やテレビに出る芸能人をはじめ、
今後間違いなく注目される新人さんや、話題のスポットやグルメ、
生活のハウツーなど僕が気になる「なんだろう?」を気ままに綴ったブログです。
皆さんの「へぇ~!」につながる情報を素早く楽しくお伝えできるように日々更新しています♪
コメントなどもお待ちしていますのでお気軽にどうぞ♪

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。