辻一弘の出身高校・大学の経歴は?結婚してる?年収や作品一覧も!

この記事は6分で読めます

こんにちは!

第90回アカデミー賞の授賞式が行われ、

映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』で

辻一弘さんがメイク・ヘアスタイリング賞を受賞しました。

3度目のノミネートで初受賞しこの賞は日本人初の快挙だそう!

 

日本人が世界で評価されていると

やっぱりうれしくなりますね!

 

ということで今回は、辻一弘さんについて

出身高校や大学は?

結婚して嫁や子供はいるの?

年収はいくら?

特殊メイクの作品一覧!

ということを見ていきたいと思います!

スポンサーリンク


出身高校や大学は?

まずは辻さんの経歴や出身はどこなのか見ていきましょう!

名前:辻一弘(つじかずひろ)
生年月日:1969年5月25日
年齢:48歳
出身地:京都府京都市
居住地:ロサンゼルス
高校:龍谷大学附属平安高等学校

(引用:Wikipedia)

辻さんが映画の世界に興味を持ったのが『スターウォーズ』作品だったそう。

 

そして高校時代、地元の洋書店で映画雑誌を読み、

その中に特殊メイクの本を見て、特殊メイクの道を志したようです。

 

メイクのノウハウが分からない中で

最初は自分の顔を題材にしていたそう。

 

その時のメイクアップアーティスト、

ディック氏の住所に手紙を送ると「独学が一番だ」との返信が来て

独学で学んでいたそうです。

 

その腕が認められ、代々木アニメーション学院で

講師を務めたり、

日本のメイクアップアーティスト江川悦子の工房で

邦画『スウィートホーム』のメイクに携わったりしたのち

単身渡米をします。

 

ディック・スミスに師事し、

『メン・イン・ブラック』『PLANET OF THE APES/猿の惑星』などの

作品に携わった経歴があります。

日本人でも多くの人が目にしている作品でしょう。

 

 

2000年には『グリンチ』で、リック・ベイカーと共に

英国アカデミー賞メイクアップ&ヘアー賞を受賞します。

 

そして2006年、

アメリカ映画『もしも昨日が選べたら』で特殊メイクを担当し

第79回アカデミー賞で、ビル・コルソと共に

メイクアップ賞にノミネートはされるものの受賞には至りませんでした。

 

 

そして、

第80回アカデミー賞でもアメリカ映画『マッド・ファット・ワイフ』で

リック・ベイカーと共に2年連続でメイクアップ賞にノミネートされるも

ここでも受賞ならず…

 

メイクアップ&ヘアスタイリング賞は今回、念願の受賞ということですね!

 

出身高校については龍谷大学附属平安高等学校

ということが分かっています。

今回の受賞を美術の授業を教えた先生もとても喜んでいるそう。

辻さんが授業で制作した作品を学校に保管し、毎年授業で生徒たちに見せるという。「木工作品の課題を出したところ、段ボールに昆虫がとまっているようなオブジェに仕上げた。あんな優秀な生徒には初めて出会った」

(引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-00000015-kyt-cul)

当時から相当なセンスがあったんですね!

 

当時の美術の先生も、美術大の進学を進めたそうですが

大学には進学しませんでした。

 

普通だったら、美大に進学してもっとより多くを学ぼう!

と考えますが、辻さんは独学&渡米という

オリジナルのスタイルで技術を習得していきました。

 

その辺の考え方が凄いですよね~

一人でやっていくって本当にすごいことですよね。

 

 

結婚して嫁や子供はいるの?

見事アカデミー賞を受賞した辻さん。

プライベートな部分も気になりますよね。

 

作品ももちろん素晴らしいのですが

辻さん、ダンディでかっこいいですよね!

大人になったらこんないで立ちになりたいな~

って人代表の顔してますw

 

となると、女性もおそらくかなり

よってくるんだろうな~と思っていましたが

結婚についての情報はこれといってみたらず…

 

おそらく、いやおそらくではなく確実に

超多忙ですし恋愛をしている暇もなさそうですよね!

 

女性とデートしてる暇があるなら

作品と向き合っていたいぜ!とか考えてそうw

 

渡米されていますし、ロサンゼルス在住ということなので

もし結婚をしているとしたら国際結婚の可能性も高そうですよね。

 

年収はいくら?

ここまで一流の人となると

年収が気になってしまうところ。

 

メイクアップアーティストというくくりでいうと

平均年収は大体2~300万円といわれています。

 

 

辻さん本人が公表しているわけではないので

憶測にはなりますが

ブラットピットなどのメイクも手掛けたことがある

ピカ子さん(本名:本田ヒカル)は年収なんと3,600万円にのぼると

「ありえへん∞世界」という番組で話していました。

 

辻さんのレベルになると

おそらくこれ以上にもらっていることは

間違いないでしょう。

 

だって、アカデミー賞受賞してますし、

超有名な作品も手掛けているわけですから…

5,000万円はくだらないのではないでしょうか?

スポンサードリンク


特殊メイクの作品一覧!

さて、辻さんが手掛ける作品を見てみたいですよね?

 

まずは、辻さんがメイクアップを手掛けた映画一覧を見てみましょう。

めちゃくちゃ有名な作品も多いですね!

スウィートホーム(1989)
八月の狂詩曲(1991)
ミンボーの女(1992)
Critical Care(1997)
エディ&マーティンの逃走人生 Life(1999)
ワイルド・ワイルド・ウエスト Wild Wild West(1999)
グリンチ How the Grinch Stole Christmas(2000)
PLANET OF THE APES/猿の惑星 Planet of the Apes(2001)
メン・イン・ブラック2 Men in Black II (2002)
ザ・リング The Ring(2002)
ホーンテッドマンション The Haunted Mansion(2003)
ヘルボーイ Hellboy(2003)
ザ・リング2 The Ring Two(2005)
もしも昨日が選べたら Click(2006)
マッド・ファット・ワイフ Norbit (2007)
チャックとラリー おかしな偽装結婚!? I Now Pronounce You Chuck & Larry(2007)
魔法にかけられて Enchanted(2007)
トロピック・サンダー/史上最低の作戦 Tropic Thunder (2008)
ベンジャミン・バトン 数奇な人生 The Curious Case of Benjamin Button (2008)
天使と悪魔 Angels & Demons (2009)
G.I.ジョー G.I. Joe: The Rise of Cobra (2009)
ソルト Salt (2010)
LOOPER/ルーパー “Looper” (2012)
ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男 “Darkest Hour” (2017)

(引用:Wikipedia)

 

中でも、「猿の惑星」は本当に特殊メイクがすべてといっていいくらい

メイクが超重要な作品ですよね。

そして、その猿っぷりに毎回驚いちゃいます。(笑)

 

Instagramに多くの作品の写真が掲載されています。

めちゃくちゃ凄いですよ…w

 

どれも圧巻ですよね…

本物にしか見えない…

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

アカデミー賞受賞、辻一弘さんについて

調べていきました!

 

これからも次々と多くの作品を

生み出していくことでしょうね。

 

日本では多く名前を聞く機会があるわけではないですが

これからの活躍にも期待していきたいですね!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール




こんにちは!
いつも当ブログをご覧いただき、
ありがとうございます!
管理人のこたろーです。
このブログでは日々起こった事件やテレビに出る芸能人をはじめ、
今後間違いなく注目される新人さんや、話題のスポットやグルメ、
生活のハウツーなど僕が気になる「なんだろう?」を気ままに綴ったブログです。
皆さんの「へぇ~!」につながる情報を素早く楽しくお伝えできるように日々更新しています♪
コメントなどもお待ちしていますのでお気軽にどうぞ♪

2018年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。